【時代なんかに流されない】鎌倉の大人たちが集う名バー「マイクス」 | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  鎌倉のグルメ  > 【時代なんかに流されない】鎌倉の大人たちが集う名バー「マイクス」

【時代なんかに流されない】鎌倉の大人たちが集う名バー「マイクス」

時代なんかに流されず、世代を超えて愛され続けている素晴らしいバーが、ここ鎌倉にはあります。そろそろ開店から50年ほど経つであろう、この老舗バーのドアは、一体どれだけの人たちによって開かれてきたのだろう。ここはグルメサイトの評価などでは推し量ることができない、お酒の楽しみ方を知る大人たちにとっては、心から大切な一軒だと思います。


バー「マイクス」のドアと灯り


鎌倉、小町商店街の路地裏にひっそりと佇むバーの灯り。開店からもう半世紀ほど経つこのバーは、地元鎌倉の人たちだけでなく、銀座や横浜からここを目指して訪れる人も多いそうです。バー「マイクス」は銀座や横浜のベテランバーテンダーさんなどの間でもよく知られ、素晴らしいバーと言われているお店。個人的には何度も前を通るたびに、「いつかは行ってみたい」と思っていたけれど、機会あってようやく、このバーのドアを開ける事ができました。


カウンターの向こうに立つマイクさん


「マイクス」のドアを開けてみると、そこには10席ほどのカウンターの空間が。そして既に他のお客様たちの楽しそうな笑顔が出来上がっていました。そしてカウンターに立つのはバー「マイクス」のオーナーバーテンダー、マイクさん。「マイクス」はとってもいいバーだよ。と多くの皆さんから聞いていただけに、最初は緊張していたけれど、マイクさんは常連さんだけでなく、初めての人にもとっても気さくに、そして温かく接してくれました。


マイクさんは「ブルドッグ」というあの有名なカクテルの名付け親としても知られ、80歳を超えた今も尚、現役のバーテンダーとしてカウンターに立ち、お客様を迎えています。そして訪れる皆さんからは「マイクさん」と呼ばれていますが、もちろん日本の方。もう話を聞くだけでもすごいのですが、マイクさんのキャリアの話は戦後の日本の頃から始まるそう。戦後、アメリカ軍(GHQ)が日本に進駐していた頃にGHQの中で働き、当時GHQの高官であったアメリカ人からもらった愛称が「マイク」なのだとか。バーの世界では今や重鎮であろう方なのに、全く気取ったところがなく、とても温かい笑顔でお話して頂けました。


カクテル「ブルドッグ」を頂いた後は


マイクスさんではブルドッグを始めとしたカクテルが楽しめるだけでなく、他にも逸品が溢れています。個人的にぜひ一度食べたいと思っていたのが、マイクスさんの「ローストビーフ」。鎌倉でローストビーフと言えば「鎌倉山レストラン」なのかな?と思っていたものの、ある方々から「マイクスさんのローストビーフを一度食べてみた方がいいよ!」とのお声もあって楽しみにしていました。けれどこの日は残念!ちょっと来るのが遅かったせいか、ローストビーフは全て出てしまったそうなのでした。こちらは次回へと持ち越しですね。しかし、「ごめんね。そうだなー、じゃあオムレツを作ってあげるよ!」ということで頂いたマイクスさんのオムレツ、これがまたなんとも言えない懐かしい味わいの美味しさなのでした。


最後に。マイクスさんは小さなお店ですが、古き良き時代のバーの姿を留める貴重なお店だと思います。壁には昔のアメリカの懐かしいレコードのジャケットなどが並ぶものの、よくありそうなアメリカンテイストのお店とは違って、どこか品格があり、さりげなさがあり、味わい深さが感じられました。バーは大人の社交場であり、いいバーにはいい飲み手が集まるともいいますが、まさにそんな一軒。この訪問の日以来、今日もマイクスさんの店の灯りはついているだろうか?と気になって仕方ありません。


バー「マイクス(Mike’s)」
神奈川県鎌倉市小町2-11-11 かつら小路 1F
営業時間:19:00~24:30頃まで
定休日:木曜日(その他年末年始、臨時休業などあり)
アクセス:JR横須賀線「鎌倉」駅東口から徒歩5分程度


 

口コミ評判投稿数ランキング