寺社めぐり | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  寺社めぐり

寺社めぐり

谷戸の緑と穏やかな風。時の流れがスローになる場所「妙本寺」

鎌倉幕府の有力御家人、比企一族の邸宅跡に建つと言われる妙本寺。比企の乱で滅亡した一族の菩提を弔うために1260年に創建されました。深い緑に囲まれた山門への道をゆっくりと歩ければ訪れた旅人の心はきっと癒されます。

紫陽花だけじゃない!北鎌倉、明月院の見所

別名『あじさい寺』とも呼ばれ、鎌倉の中でも紫陽花(あじさい)が美しい場所として知られている北鎌倉の明月院。しかしながら今回は紫陽花だけじゃない、明月院の奥庭園に広がるその他の見所、魅力をご紹介していきます。

成就院 紫陽花(あじさい)の参道

鎌倉で紫陽花と言えばこの成就院の紫陽花(あじさい)の参道が有名です。由比ヶ浜の海を見下ろす参道の光景に、青い紫陽花の花が美しく咲き誇り、何とも風情のある雰囲気を演出してくれます。幾年を超えて様々な人の目を楽しませ、心癒してきたこの眺めは、今も変わらず優しく迎えてくれます。

鶴岡八幡宮の源平池

鎌倉の象徴的な存在であり、今も地元市民、そして多くの旅人たちに愛されている鶴岡八幡宮。三の鳥居を越えて石の太鼓橋へと進めば、左右に配置された源平池を目にする事ができます。東側の源氏池には産を意味する三つの島が、西側の平家池には死を意味する四つの島が配されていると言われます。

報国寺の茶席「休耕庵」

「美しい竹林の庭」で名高い報国寺。風情ある境内の奥へと進んでいくと海外でも美しいと有名になったあの竹林の庭に出会う事ができます。竹林に差し込むほのかな光を感じながら石畳を進めば、茶席「休耕庵」がその姿を現します。長いすに腰掛けて目の前を見渡すとそこには最高の景色が広がります。

建長寺の座禅体験

鎌倉五山第一位を誇る名刹では座禅を体験する事ができます。建長寺は臨済宗建長寺派の総本山であり、執権・北条時頼が中国から蘭渓道隆を招いて創建した、国内でも初の禅宗の本格的な道場です。一般参加の座禅会はもちろん、一定周期ごとに一泊二日の宿泊座禅会なども行われています。

北鎌倉、円覚寺で座禅を体験

鎌倉の寺院では週末などに気軽に座禅を体験する事ができます。北鎌倉にある臨済宗大本山、円覚寺では「居士林」という会場で土曜日に「土曜坐禅会」が、日曜日には「日曜説教坐禅会」が開催されています。初心者の方も事前予約が不要で、無料で座禅会が参加できるようになっています。

元八幡宮(由比若宮)

古くは由比郷鶴岡と呼ばれていた元八幡宮(現在の鶴岡八幡宮の前身)。源頼朝が1180年に現在の鶴岡八幡宮の場所へと移すまでは、この材木座に位置しました。現在は住宅街の路地奥に佇む小さな神社となっていますが、境内には源義家が弓矢を立てかけた跡という古木が今も存在しています。

光触寺(こうそくじ)

時宗の宗祖、一遍上人を開山に迎えて1279年に建立された寺院。鎌倉の寺院の中でも山深さが感じられるひっそりとした奥地に位置します。付近の金沢街道はかつて塩の行商人たちが通る道で、光触寺には供物の塩をなめたという「塩嘗地蔵」や運慶作と伝えられる頬焼阿弥陀などがあります。

葛原岡神社(くずはらおかじんじゃ)

鎌倉幕府の末期、後醍醐天皇の側近として活躍、倒幕を目指すも志半ばで幕府に捕らわれ処刑された、日野俊基卿を祭神とする神社。辞世の句とともに最期を遂げた場所に立つこの神社周辺は、現在は源氏山公園として知られる鎌倉市民の憩いの場所です。

1 2 3 4 5

口コミ評判投稿数ランキング