鎌倉観光のキャッチコピー的なものを勝手に考えてみた。【もちろん非公認】 | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  教えて鎌倉観光  > 鎌倉観光のキャッチコピー的なものを勝手に考えてみた。【もちろん非公認】

鎌倉観光のキャッチコピー的なものを勝手に考えてみた。【もちろん非公認】

最近いろんな都道府県や街で、キャッチコピーのようなものが増えてきていますよね。テレビやインターネットでも、ユニークなキャッチコピーが色々と出ていると思います。じゃあ鎌倉は?ということで、誠に勝手ながらで恐縮なのですが、キャッチコピー的なものを考えてみました。

「そうだ 京都、行こう。いや、鎌倉でいっか。」


京都観光のキャッチコピーとして思い浮かぶものといえばやはりこれ、「そうだ 京都、行こう。」ですよね。京都の持つブランド力に勝手に便乗して、鎌倉観光を促進してみました。なんとな~くのイメージですが、どこかでこんな感じの会話が、実際に交わされていそうな気もしますよね。


「いま、ふたたびの奈良へ。でも、鎌倉でいっか。」


そして京都の持つブランド力に危機感を覚えたのか、重鎮、奈良県さんも「いま、ふたたびの奈良へ。」という渾身?のキャッチコピーを打ち出してきています。ということで、抜け目なくこちらにも勝手に便乗して、鎌倉観光を促進してみました。


「今回の鎌倉土産、なんにする~?やっぱ、鳩サブレーにしようかな・・・え?また?でも・・鎌倉でしょw「鎌倉」なんでしょ!!」


こちらのキャッチコピー案は、個人的に勝手ながら、ぜひ鳩サブレーさんに使って頂きたいと思っているもの。一応、鳩サブレーさんの販売促進と、ついでに鎌倉観光の促進のために考えてみたのですが、ダメですかね・・・やはりダメですよね・・・すみませんでした。


「アド街に出た次の日は混んでます、鎌倉。」


こちらのキャッチコピー案は鎌倉の街が持つブランド力を活かしてみたつもり?です。ちょっと上から目線の雰囲気が出てる鎌倉のPRです(笑)。電車の中の広告とかでこういうものがあったら、どうなのでしょうね~。もしくはアド街ック天国の番組終了直後とかに、鎌倉市の公式twitterアカウントから、このメッセージが発信されていたら、なんだか面白いかもなんて(笑)。


「横須賀線さえ乗ってくれれば大丈夫、鎌倉。あっ、一応、湘南新宿ラインでも・・・鎌倉。」


そして最後のキャッチコピー案はこちら。すみません・・ものすごく低姿勢な感じで鎌倉の観光促進をしてみました。一応、湘南新宿ラインもあるよ!ってことは、ちょっと小さめではあるのですが、伝えておりますです。今回は遊び心でつい、こういったものを考えてしまいましたが、鎌倉の本物のキャッチコピーは、心にじ~んと響く、素敵なものが生まれると良いですね!

 

口コミ評判投稿数ランキング