どこか懐かしい手作りの味、今の時代だからこそ貴重に思える「日進堂」さん | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  鎌倉のグルメ  > どこか懐かしい手作りの味、今の時代だからこそ貴重に思える「日進堂」さん

どこか懐かしい手作りの味、今の時代だからこそ貴重に思える「日進堂」さん

鎌倉、大町にあるパン屋さん「日進堂」は地元の人たちに長く長く愛されているお店。近年はハイセンスでオシャレなパン屋さんばかりになってしまい、日進堂さんのような「街のパン屋」さんがすっかり減ってしまったように思います。今回はシンプルで安くて美味しい、どこか懐かしい味わいのお店、「日進堂」さんを少しご紹介していきたいと思います。

日曜日の朝の日進堂さん。目の前には普通の方のカレーパンと揚げパンが


とある日曜日の朝、9時頃の日進堂さんの風景。ちょうどこの日は、サッカーワールドカップで日本対ギリシャの試合が午前10時から行われるという日でもあったのですが、お店のお母さんが「今日は朝からみんなパンを買いに来ててねぇ~、辛口のカレーパンは全部売れちゃった、ごめんね~。」と声をかけてくれました。こちらは気取ったところのない、なんとも言えずほのぼのとしたお店です。上記の写真には辛口でない普通の方のカレーパン(辛口カレーパンはすごい人気ですね~)と、子供の頃に食べたような懐かしい揚げパン、そして手作りのサンドイッチなども。


オレオクリームのパンも。クロワッサンもおすすめですよ


日進堂さんは、昔よく街にあったようなパン屋さん。外観も日進堂さんに失礼かもしれないのですが、特にオシャレという訳でもなく、むしろガラガラと戸を開けて入っていくお店。そういえば日進堂さんのクロワッサンは、最近主流?の外がパリパリしたタイプのものではなく、どちらかと言うともっちりとしたタイプ。でも我が家はこれがお気に入りだったりもするのです。上記の画像は「オレオクリームパン」、お値段もこんなに安いのです。天然酵母とかそういうものではないからかもしれませんが、ここに来ると、そういえばこの10年、20年の間にパンも随分と高くなったものだなぁ。なんて感じてしまいます。


モカコーヒーやキャラメルマキアートなども。どこか懐かしい雰囲気と味わいが残る貴重なお店


その他にも「モカコーヒー」「キャラメルマキアート」なども。もちろん食パンだってありますよ。日進堂さんのこういったパンを見ていると、何だか学生だった時代を思い出すような気も。「おばちゃ~ん、パンちょうだい!」って言いたくなるような、手作り感が思いっきり感じられる、懐かしい昭和の雰囲気が残っているお店だと思います。


最後に。最近のパン屋さんと言えばお店の外観やデザインにこだわっていて、ハイセンスでオシャレなお店が多いですよね。もちろんそういったお店も良いところはたくさんあるのだけれど、今の時代となってはむしろ、日進堂さんがとても新鮮に見えたりもします。そして日進堂さんに来ると、あ~このお店のパンを食べて育った子供たちがたくさんいるんだろうなぁ。と思います。いつまでも変わらない良さ、そこにあり続ける安心感、なんだかそんな事を思うお店なのでした。


日進堂(にっしんどう)
住所:神奈川県鎌倉市大町2-2-3
営業時間:7:00~18:00
定休日:なし

 

口コミ評判投稿数ランキング