鎌倉の景観めぐり | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  鎌倉の景観めぐり

鎌倉の景観めぐり

【よ~く見たら、あるよ!】小町商店街を彩る「味わい深い看板たち」

鎌倉、小町商店街。鎌倉駅から鶴岡八幡宮へ向かう際に多くの旅人たちが通る場所。そして地元鎌倉市民にとっても馴染み深い場所。近年は商店街の中のお店も入れ替わりが激しくなってきていますが、今回はそんな中でも変わらずそこに居続ける、「味わい深い看板たち」をご紹介。ちょっと目線を広げてみると、小町商店街にも面白い看板は結構あるものですよ。さあ、レッツ鎌倉の看板観光!です。

【鎌倉に懐かしい風景】プラ板イラストでアクセサリーを創る子供たち

先日鎌倉市二階堂にある「フレンドリー鎌倉(鎌倉青少年会館)」で地域の子供たちが遊べるお祭りが行われていました。「ヨーヨーの水風船」「お料理体験教室」などに加えて、人気を集めていたのが「プラ板を使って簡単なアクセサリーを創る遊び」でした。今回のその時の様子をちょっとご紹介です。

鎌倉の街と相模湾を一望!天園ハイキングコースを歩く(2)

鎌倉の街と相模湾を一望する事ができる「天園ハイキングコース」。今回は瑞泉寺の裏側を巡るルートから、天園の見晴台(六国峠)を目指していよいよ山中を歩いて行きます。ゴールには峠の茶屋があってゆっくりできますよ。

鎌倉の街と相模湾を一望!天園ハイキングコースを歩く(1)

鎌倉の街は周囲を山に囲まれていて、南側に海(相模湾)が広がる絶好のロケーション。鎌倉は街歩きだけでも十分に楽しいけれど、たまには気分を変えて「鎌倉の山歩き」を満喫してみませんか?このコースは歩いているシニアの方、家族の方も多いんですよー。

江ノ電の中から、素敵な鎌倉の風景を見てみよう!

鎌倉を訪れた事のある皆さんなら、一度は乗った事があるであろう江ノ電(江ノ島電鉄)。家と家の間を縫うように走り抜けていく、オーシャンビューがいっぱいに広がる、小さな路面電車の窓から見える、素敵な鎌倉の風景をご紹介します。

稲村ガ崎海浜公園から望む夕日、富士山は最高!

「かながわの景勝50選」、「関東の富士見100選」にも選ばれている稲村ガ崎海岸。サザンオールスターズのPV撮影や、かつて映画、稲村ジェーンの舞台などでも知られる場所です。江ノ島方向を望めば何とも言えない美しい夕陽に出会えます。澄んだ空気の日には、遠く富士山を望む事もできる名所です。

昼間とは全く違う姿へ。奥深い趣のある「夕暮れの鶴岡八幡宮」

「武家の古都」として知られる鎌倉。その鎌倉を代表する観光名所であり、鎌倉市民にとって最も大切な場所と言えるのがこの鶴岡八幡宮だと思います。日本三大八幡宮の1つに数えられ、かつては源氏をはじめとした鎌倉武士にとっての守り神であった存在です。

鎌倉の寺院で見る紫陽花(あじさい)はとってもキレイ

古都 鎌倉は紫陽花(あじさい)がとっても似合う街。梅雨が終わる頃になると、鎌倉の街の中や寺院では美しく咲く紫陽花(あじさい)の花が多くの人々の目を楽しませてくれます。ピーク時の6月、晴れている日は混雑しますので少しお天気が悪いくらいの日の方がゆっくり見れますよー。

江ノ電の撮影スポット

鎌倉を訪れる旅人に人気の「江ノ電」。何とも言えない風情を残した路面電車は、今も鎌倉市民の生活の足として活躍しています。休日や連休シーズンの日中は混雑するのですが、平日のお昼に海を見ながら江ノ電に揺られていると何とも言えないノスタルジーを感じ、とっても幸せな気分になれますよ。

由比ヶ浜海岸から見る夕暮れ

鎌倉の市街地の南に位置する由比ヶ浜海岸。鎌倉を代表するこの海岸では、サーフィンを楽しむ地元の大人たちの姿や砂浜を歩くカップル、子供たちの姿が多く見られます。昼間は多くの観光客が行き交うこの海岸も、夕暮れの時間帯になれば静けさを取り戻していきます。

鶴岡八幡宮の神前結婚式

かつて静御前が舞を納めたと言われる舞殿。この由緒ある場所は現代ではカップルの新しい門出を祝う場所として人気を集めます。結婚式では神職の祝詞が奏上され、巫女による神楽舞の奉仕、三三九度とも呼ばれる誓盃の儀が執り行なわれ、厳粛な雰囲気の中で一生の思い出となる体験ができます。

成就院 紫陽花(あじさい)の参道

鎌倉で紫陽花と言えばこの成就院の紫陽花(あじさい)の参道が有名です。由比ヶ浜の海を見下ろす参道の光景に、青い紫陽花の花が美しく咲き誇り、何とも風情のある雰囲気を演出してくれます。幾年を超えて様々な人の目を楽しませ、心癒してきたこの眺めは、今も変わらず優しく迎えてくれます。

映画「稲村ジェーン」の舞台 稲村ヶ崎

1990年に公開され若者を中心に話題となった映画「稲村ジェーン」。映画の挿入歌「忘れられたBig Wave」も話題になりました。この映画は桑田佳祐さんの初監督作品であり、1960年代頃の鎌倉、稲村ヶ崎を舞台とした映画です。現在の稲村ヶ崎も多くの人々がサーフィンを楽しむスポットとなっています。

口コミ評判投稿数ランキング