鎌倉のグルメ | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  鎌倉のグルメ

鎌倉のグルメ

どこか懐かしい手作りの味、今の時代だからこそ貴重に思える「日進堂」さん

鎌倉、大町にあるパン屋さん「日進堂」は地元の人たちに長く長く愛されているお店。近年はハイセンスでオシャレなパン屋さんばかりになってしまい、日進堂さんのような「街のパン屋」さんがすっかり減ってしまったように思います。今回はシンプルで安くて美味しい、どこか懐かしい味わいのお店、「日進堂」さんを少しご紹介していきたいと思います。

鎌倉へ帰宅途中のお父さんたちの癒やし場、大船「石狩亭」

鎌倉に住むお父さんたちの中には、都内まで電車通勤しているという方も多いのです。そんなお父さんたちにとって、大船駅はまさに交通の要衝。終電に乗ったが大船止まりだった・・・、大船で横須賀線に乗り換えたいけど電車が遅れて来ない・・・、そしてお腹まで空いてきた・・・、そんな毎日頑張っているお父さんたちを陰ながら癒してくれるスポットの1つが、大船の中華「石狩亭」さんなのでした。

緑豊かな鎌倉山のシンボル的存在。「らい亭」の広大な庭園で過ごす一時

別荘地としての歴史を持ち、多くの著名人たちも住み家を構えた鎌倉山。湘南の海が見下ろせ、遠くに富士山が望める眺望は、数ある鎌倉のスポットの中でも根強い魅力となっています。今回はそんな鎌倉山の中でもシンボル的な存在でもある、「檑亭(らい亭)」さんをご紹介したいと思います。

【鎌倉のバーも新時代へ】銀座にも引けをとらない実力派バーがアツくなってきている

鎌倉に住む皆さん、そして鎌倉旅が好きな皆さんもご存知だったでしょうか?鎌倉、小町の夜を支えるあるバーが、全国各地からバーテンダーたちが集うカクテルコンペティションにおいて次々と受賞を重ね、バーの世界でもその知名度をメキメキと上げてきているそう。今回はそんな鎌倉のあるバーの姿に注目してご紹介していきたいと思います。

鎌倉のあるマニアックな場所で謎の新店を見つけました

鎌倉は全体としては大きくない街。けれど、あちこちまでよ~く探索してみると結構広く感じるのです。今回は大町のとある住宅地を通った際に見つけた、謎の新店情報を皆さんに共有しておきたいと思います。観光客の方が通る道でもなく、この近隣に住む方以外はまず通る事はないだろうというエリアにある、見つけるのが難しいビーフシチューのお店です。

【レッツ湘南ドライブ】天気の良い日は「ラ・マーレ・ド・茶屋」でティータイム

お天気のいい日には爽やか気分で湘南ドライブ!ちょっと大人の方々なら、江ノ島方面もいいけれど、鎌倉、逗子、葉山方面で落ち着いた一時を過ごすのもお薦めですよ。今回は海の広がるラグジュアリースポット「ラ・マーレ・ド・茶屋」の風景とティータイムをご紹介です。

【知ってました?】オールド・パーのボトルは斜めに立つ

ある鎌倉のお店で教えて頂いたお話。「オールド・パー」というブレンデッド・スコッチ・ウイスキーがあるのをご存知でしょうか?ボトルを見ると有名だったりしますよね。鎌倉で美味しいお酒を飲みながら、そうなんだー!とついつい感心したのでした。

【時代なんかに流されない】鎌倉の大人たちが集う名バー「マイクス」

時代なんかに流されず、世代を超えて愛され続けている素晴らしいバーが、ここ鎌倉にはあります。そろそろ開店から50年ほど経つであろう、この老舗バーのドアは、一体どれだけの人たちによって開かれてきたのだろう。ここはグルメサイトの評価などでは推し量ることができない、お酒の楽しみ方を知る大人たちにとっては、心から大切な一軒だと思います。

見た目もGood!で味わいもリッチ!鎌倉発のフローズンフルーツバー

鎌倉駅西口近くに2013年8月にオープンし、今や鎌倉の人気スポットの1つとなっているのがフローズンフルーツバー専門店の「PALETAS(パレタス)」さん。今回は見た目もカワイイ上に、フルーツのリッチな味わいも楽しかった逸品なのでご紹介です。

懐かしい味わいの喫茶店カレー、カレーハウス「キャラウェイ」

鎌倉、小町商店街にある老舗のカレー屋さんがカレーハウス「キャラウェイ」。鎌倉観光に訪れる皆さんに人気のカレー屋さんで休日のランチ時にもなると行列が絶えないお店の1つです。懐かしい味わいの喫茶店カレーはファンも多く、昔も今も賑わっています。

地元の大人たちの隠れ家レストランBAR「クルベルキャン」

鎌倉の中でも数少ない、しっかりとしたお酒とイタリアンを楽しむ事ができる貴重なレストラン&バー。小町商店街の裏通り、ビルの2階というロケーションのため目立ちにくいものの、一度訪れるとつい通いたくなってしまう味とサービスのバランスが整った素敵なお店なのです。

純喫茶&レストラン「浮(ぶい)」

鎌倉という街はとても夜が早く、深夜に営業している飲食店はごくごく限られています。そんな中で鎌倉が地元の皆さんにとって、とても大切なお店の1つが長谷にある「浮(ぶい)」さんです。古き良きレトロな雰囲気の喫茶店であり、懐かしい味わいの洋食を食べる事ができる貴重なレストランでもあります。

イワタコーヒー店

鎌倉を訪れる皆さんに大人気のお店の1つが「イワタコーヒー」さん。創業は昭和23年といいますから鎌倉の中でもかなり老舗で、かつては鎌倉に住んでいた作家の川端康成さんや大佛次郎さん、はたまたジョンレノンまでこのお店を訪れたと言います。

稲村ガ崎 食堂「偕楽」

鎌倉には美味しい中華、ラーメンのお店は何店がありますが、稲村ガ崎にある「偕楽」さんもお薦めのお店の1つ。「偕楽」さんではラーメンやかた焼きそばなどに加え、定食も食べられるため、中華料理屋さん?食堂?と悩んだ結果食堂という形で記載させて頂きました。

腰越イタリアン ロアジ(LOASI)

鎌倉はイタリアンの激戦区でもあり、美味しいお店もたくさんあります。その中でもお気に入りのイタリアンレストランの1つが腰越の「ロアジ(LOASI)」さん。12席ほどの小さなお店ですが、ランチの時間帯になると常連さん、そして新規のお客様で予約がいっぱいなのです。

アマルフィイ カフェ(旧店名 アマルフィイ ドルチェ)

七里ガ浜の海岸沿いにあるスイーツ店「アマルフィイ カフェ(旧店名 アマルフィイ ドルチェ)」。こちらは七里ガ浜でもよく知られるイタリアンリストランテ「アマルフィイ」さんのスイーツ専門店。相模湾を眺めながら「鎌倉海岸ロール」「七里ガ浜ロール」などを頂くのがちょっとした楽しみになっていました。

スペイン居酒屋morimori(モリモリ)

七里ヶ浜駅で江ノ電を下車すると、目の前にあるバルが「スペイン居酒屋morimori(モリモリ)」さん。週末の晴れたお昼に店を訪れると、七里ガ浜というロケーションによる開放的な気分と色鮮やかで食欲をそそるパエリヤが何だかとっても印象に残っていて、いつも思い出して食べに行ってしまいます。

焼きカレーの店「STONE(ストーン)」

材木座周辺の表通りから細い路地に入り、住宅地の中のとある一戸建ての一階でひっそりと営業しているお薦めの焼きカレーのお店。お店の入り口は一戸建て住宅の裏側にあるため、なかなか気付くのが難しく、地元の方でもすぐに見つけられないほどです。

カフェ坂の下

鎌倉の海沿いを走る道路、R134号線のすぐ近くの入り組んだ住宅街の中にある日本家屋の古民家。まるで個人の家にお邪魔させて頂くような感覚で扉を開けてみると、店内には古き好き昭和の和テイストの香りと何か別の文化が混ざり合ったような、独特のハイセンスな空間が広がっています。

コクリコクレープ店

鎌倉でクレープが食べたくなったらいつもお世話になっているのが「コクリコクレープ店」。コクリコさんはもともと長年にわたって小町通りにあるのですが、2010年に御成通り店も新たに開店しています。小町通り店の方は観光通りということもあって混み合う事が多いため、最近は御成通り店に通うという地元の方も多いのではないでしょうか。

カレーつけ麺専門店 麺屋「波(WAVE)」

海へと続く若宮大路沿いに、2010年に開店したカレーつけ麺の専門店が麺屋「波(WAVE)」さん。鎌倉野菜に味玉、チャーシューをオリジナルのカレーにつけて味わう新鮮なお店です。お店に入るとご主人の一生懸命な接客が伝わってくるのと同時に、このカレーつけ麺が意外にも?とっても美味しいのです。

ラーメン 晴雨庵(せいうあん)

観光客向けのお店が多い中、地元市民が通う地元に根付いたラーメン屋さんの1つがこの「晴雨庵(せいうあん)」さん。店内はとても清潔感に溢れていてメニューもシンプル。人気のネギラーメンのお値段も¥600とお財布にも優しく、セットを注文したとしても¥1,000以内でお腹がいっぱいになるお店なのです。

ゲストハウス「亀時間」の週末カフェ

鎌倉、材木座海岸の近くにある築85年の古民家を改装したゲストハウスが「亀時間」さんが、週末や祝祭日のみ営業をしている「週末カフェ」。鎌倉に住んでいる方の場合、亀時間さんに宿泊する機会はなかなかないと思いますが、週末カフェなら地元の方も含めて楽しめそうですよね。

コメマチマフィンズ(KOMEMACHI Muffins)

2011年9月、鎌倉大町の路地裏、個人宅の1階を利用して開店したテイクアウト型のマフィン専門店。1つ1つ手作りのマフィンは、砂糖を使用せずにハチミツのみで作っているそうで、お値段も¥160~ととってもお財布に優しいのが嬉しいですね。

納言志るこ店 (なごんしるこてん)

1953年創業の小さな甘味処「納言志るこ店 (なごんしるこてん)」。寒い季節には「おしるこ」、そして暑い季節には「あんみつ」や「かき氷」が人気の鎌倉の老舗です。散歩してふらっと立ち寄りたくなる、飾らない懐かしい雰囲気の店内、昔ながらの美味しく楽しめる味が人気の秘訣なのかもしれません。

たい焼き なみへい

2010年1月に長谷にオープンした「たい焼き なみへい」は、20代の若い店主をはじめとしたスタッフさんたちが一匹ずつ丁寧に焼きあげるたい焼きが人気のお店で、オープンしてからの年数が浅いにも関わらず、すっかり地元の方々にも知られるお店になってきています。

【閉店】あっぷーがる 本格北インド料理レストラン

国道134号線沿い、目の前に材木座海岸が広がる絶好のロケーションに位置する北インド料理レストラン。ヒンズー語で「象の家」を意味する「あっぷーがる」のカレーは、鎌倉でも観光客の方よりはどちらかと言うと地元市民によく知られた人気のお店です。

改造した自宅にお邪魔して手打ち蕎麦を『千花庵』

鎌倉幕府を開いた『源頼朝公のお墓』のすぐ近く、静かな住宅街の路地の一角を歩いて行くと、自宅を改造した手打ち蕎麦のお店『千花庵(ちはなあん)』があります。『十割そば』のスタイルで、1日あたり50食程度に限定して提供だそうで、するっと食べる事ができるのが特長です。

大人のための居心地の良い喫茶「カフェ ロンディーノ」

1967年から40年以上もカフェをやられているという事もあって、鎌倉では良く知られたお店。毎日常連さんから観光で立ち寄る皆さんまで、サイフォンコーヒーをはじめとした温かい喫茶店の味と雰囲気でもてなしてくれます。鎌倉市民の多くに昔から愛されている味です。

鎌倉の空気とマッチした世界一の朝食「bills(ビルズ)」

鎌倉七里ガ浜に位置し、国道134号線沿いにあって、目の前には相模湾が広がるオーシャンビューのお店。お店の入口は『ダイニング』と『ラウンジ』の2つに分かれていて、どちらも海が目の前に広がるテラス席が一番人気。『世界一の朝食』『ハリウッドセレブも愛した味』としてもテレビ等でよく紹介されています。

タベルナ ロンディーノ

鎌倉の海沿い、R134号線に面した鎌倉湘南エリアの中でも有名な老舗イタリアン。黄色い外観の建物が印象的で目の前にはオーシャンビューの景色が広がります。かつてTVのトレンディドラマでもよく登場したお店としても知られ、今も鎌倉市民をはじめとして観光の方も多く訪れるレストラン。

炭火手焼き煎餅 鎌倉壱番屋

鎌倉を訪れる多くの観光客の方々のお土産としても根強い人気の手焼き煎餅店。炭火焼き立ての煎餅をその場で楽しめる事に加え、店内では常時100種類を超える様々な味の煎餅を選ぶ事ができます。激辛煎餅、うにサラダ、揚げにんにく、わさびなど、カレーなどなど種類はとっても豊富なんですよ。

焼き鳥の秀吉

鎌倉駅から徒歩5分程度の地元でもお馴染みの焼き鳥店。週末になると焼き鳥の香ばしい香りにつられて、生ビールを片手に焼き鳥を楽しむ人々で賑わいます。気楽に立ち寄りやすい店構えで、「ネギ間」「砂肝」「鶏皮」「せせり」「鴨ネギ串」など様々な串がありますが、全て国産地鶏を使用しているそう。

博多豚骨ラーメンの袈裟丸家(けさまるや)

鎌倉駅からほど近い場所にある、袈裟兄(けさにい)こと福岡出身の店主が営む博多豚骨ラーメン店。店内はカウンター6席程度とテーブル席があるだけの小さなスペースですが、店主の人柄もあり日々近隣の鎌倉市民が訪れています。「ちょっと一杯」とお酒も気軽に楽しめるお店です。

もんざ丸 前田水産

鎌倉・材木座商店街に位置する網元直営の魚屋さん。鎌倉しらす(湘南しらす)やたたみいわし、めかぶ、生タコなど、その日の朝に相模湾で獲れた新鮮な魚を、新鮮なうちに直売してくれるお店です。地元でも朝獲りのしらすを買い求める主婦が多いほか、観光客も多く訪れるようになっているお店です。

毎朝旬の鎌倉野菜が揃う人気スポット、鎌倉市農協連即売所(通称:レンバイ)

近年、鎌倉野菜が注目を集めていますが、鎌倉市農協連即売所(通称:レンバイ)では毎日獲れたての新鮮な鎌倉野菜を手頃な価格で買えます。トマト、小松菜、ほうれん草等、季節ごとに獲れたての旬野菜が揃う市場で、一流レストランののシェフまで多くの人々が訪れるスポットとなっています。

口コミ評判投稿数ランキング