鎌倉のグルメ | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  鎌倉のグルメ

鎌倉のグルメ

カレーつけ麺専門店 麺屋「波(WAVE)」

海へと続く若宮大路沿いに、2010年に開店したカレーつけ麺の専門店が麺屋「波(WAVE)」さん。鎌倉野菜に味玉、チャーシューをオリジナルのカレーにつけて味わう新鮮なお店です。お店に入るとご主人の一生懸命な接客が伝わってくるのと同時に、このカレーつけ麺が意外にも?とっても美味しいのです。

ラーメン 晴雨庵(せいうあん)

観光客向けのお店が多い中、地元市民が通う地元に根付いたラーメン屋さんの1つがこの「晴雨庵(せいうあん)」さん。店内はとても清潔感に溢れていてメニューもシンプル。人気のネギラーメンのお値段も¥600とお財布にも優しく、セットを注文したとしても¥1,000以内でお腹がいっぱいになるお店なのです。

ゲストハウス「亀時間」の週末カフェ

鎌倉、材木座海岸の近くにある築85年の古民家を改装したゲストハウスが「亀時間」さんが、週末や祝祭日のみ営業をしている「週末カフェ」。鎌倉に住んでいる方の場合、亀時間さんに宿泊する機会はなかなかないと思いますが、週末カフェなら地元の方も含めて楽しめそうですよね。

コメマチマフィンズ(KOMEMACHI Muffins)

2011年9月、鎌倉大町の路地裏、個人宅の1階を利用して開店したテイクアウト型のマフィン専門店。1つ1つ手作りのマフィンは、砂糖を使用せずにハチミツのみで作っているそうで、お値段も¥160~ととってもお財布に優しいのが嬉しいですね。

納言志るこ店 (なごんしるこてん)

1953年創業の小さな甘味処「納言志るこ店 (なごんしるこてん)」。寒い季節には「おしるこ」、そして暑い季節には「あんみつ」や「かき氷」が人気の鎌倉の老舗です。散歩してふらっと立ち寄りたくなる、飾らない懐かしい雰囲気の店内、昔ながらの美味しく楽しめる味が人気の秘訣なのかもしれません。

たい焼き なみへい

2010年1月に長谷にオープンした「たい焼き なみへい」は、20代の若い店主をはじめとしたスタッフさんたちが一匹ずつ丁寧に焼きあげるたい焼きが人気のお店で、オープンしてからの年数が浅いにも関わらず、すっかり地元の方々にも知られるお店になってきています。

【閉店】あっぷーがる 本格北インド料理レストラン

国道134号線沿い、目の前に材木座海岸が広がる絶好のロケーションに位置する北インド料理レストラン。ヒンズー語で「象の家」を意味する「あっぷーがる」のカレーは、鎌倉でも観光客の方よりはどちらかと言うと地元市民によく知られた人気のお店です。

改造した自宅にお邪魔して手打ち蕎麦を『千花庵』

鎌倉幕府を開いた『源頼朝公のお墓』のすぐ近く、静かな住宅街の路地の一角を歩いて行くと、自宅を改造した手打ち蕎麦のお店『千花庵(ちはなあん)』があります。『十割そば』のスタイルで、1日あたり50食程度に限定して提供だそうで、するっと食べる事ができるのが特長です。

大人のための居心地の良い喫茶「カフェ ロンディーノ」

1967年から40年以上もカフェをやられているという事もあって、鎌倉では良く知られたお店。毎日常連さんから観光で立ち寄る皆さんまで、サイフォンコーヒーをはじめとした温かい喫茶店の味と雰囲気でもてなしてくれます。鎌倉市民の多くに昔から愛されている味です。

鎌倉の空気とマッチした世界一の朝食「bills(ビルズ)」

鎌倉七里ガ浜に位置し、国道134号線沿いにあって、目の前には相模湾が広がるオーシャンビューのお店。お店の入口は『ダイニング』と『ラウンジ』の2つに分かれていて、どちらも海が目の前に広がるテラス席が一番人気。『世界一の朝食』『ハリウッドセレブも愛した味』としてもテレビ等でよく紹介されています。

1 2 3 4

口コミ評判投稿数ランキング