安養院(あんよういん) | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  寺社めぐり  > 安養院(あんよういん)

安養院(あんよういん)

北条政子が源頼朝の菩提を弔うために建立した寺が幕府の滅亡時に焼失、その後立てられた他の寺院と統合して現在に至る浄土宗の寺院。春にはツツジが境内を美しく彩り、カメラを持った多くの旅人が訪れます。境内では樹齢700年を超えると言われる槙の巨木や、北条政子の供養塔などの見所があります。

北条政子が源頼朝の菩提を弔うために建立した寺が幕府の滅亡時に焼失、その後立てられた他の寺院と統合して現在の地に至る浄土宗の寺院。春にはツツジが境内を美しく彩り、カメラを持った多くの旅人が訪れます。安養院の境内では樹齢700年を超えると言われる槙の巨木や、北条政子の供養塔などの見所があります。


■アクセス:JR、江ノ島電鉄「鎌倉」駅下車、東口から徒歩約15分
■拝観時間:8:00-16:30
■拝観料金:\100
■所在地:神奈川県鎌倉市大町3-1-22
■電話番号:0467-22-0806


JR横須賀線「鎌倉駅」から「安養院」へのアクセス・地図



大きな地図で見る

 

口コミ評判投稿数ランキング