鶴岡八幡宮 倒壊した大銀杏の「小枝」配布 | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  季節の行事めぐり  > 鶴岡八幡宮 倒壊した大銀杏の「小枝」配布

鶴岡八幡宮 倒壊した大銀杏の「小枝」配布

2010年3月10日未明、大雨の影響で鎌倉幕府の頃より800年以上にわたり鶴岡八幡宮を、鎌倉の街を守ってくれていたご神木の大銀杏の木が倒壊しました。再生に向けた取り組みは始まっていますが、鶴岡八幡宮では個人の寄付を募り、寄付者は倒壊したご神木の「小枝」を分けてもらう事ができます。

2010年3月10日未明、鎌倉に降った大雨の影響で、鎌倉幕府の頃より800年以上にわたり鶴岡八幡宮を、鎌倉の街を守ってくれていたご神木の大銀杏の木が倒壊しました。既に再生に向けた取り組みは始まっていますが、鶴岡八幡宮では個人の寄付を募り、寄付者は倒壊したご神木の「小枝」を分けてもらう事ができます。鎌倉、そして日本の歴史をずっと見守ってきた大銀杏、ただただ再生を願うばかりです。


■アクセス:JR、江ノ島電鉄「鎌倉」駅下車、東口から徒歩約15分
■寄付できる内容:大銀杏の再生を目的とした一口¥1000の寄付金
■小枝の配布期間:2010年7月末までの期間限定予定(10:00~16:00)
■配布場所:神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1番31号(境内の大銀杏付近にて)
■電話番号:0467-22-0315


JR横須賀線「鎌倉駅」から「鶴岡八幡宮」へのアクセス・地図



大きな地図で見る

 

口コミ評判投稿数ランキング