覚園寺(かくおんじ) | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  寺社めぐり  > 覚園寺(かくおんじ)

覚園寺(かくおんじ)

鎌倉幕府の執権、北条氏から篤い保護を受けたと言われる覚園寺。真言宗泉桶寺派の寺院で1218年に創建、1296年に再建され現在へ至ります。境内では四季を通して花々を楽しむ事ができ、巨大石塔や木造薬師三尊坐像などの重要文化財もあります。

鎌倉幕府の執権、北条氏から篤い保護を受けたと言われる覚園寺。真言宗泉桶寺派の寺院で1218年に創建、1296年に再建され現在へ至ります。境内では四季を通して花々を楽しむ事ができ、巨大石塔や木造薬師三尊坐像などの重要文化財もあります。尚、拝観時間はあらかじめ決まっており、拝観ツアーの形で案内してくれます。


■アクセス:JR鎌倉駅から鎌倉宮(大塔宮)行きバス。バス停「鎌倉宮(大塔宮)」下車徒歩15分
■拝観時間:拝観時間は10:00/11:00/13:00/14:00/15:00(土日祝は12:00あり)
■拝観料金:\500
■所在地:神奈川県鎌倉市鎌倉市二階堂421
■電話番号:0467-22-1195


JR横須賀線「鎌倉駅」から「覚園寺」へのアクセス・地図



大きな地図で見る

 

口コミ評判投稿数ランキング