休日に鎌倉へドライブ!でも鎌倉までの交通事情は? | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  教えて鎌倉観光  > 休日に鎌倉へドライブ!でも鎌倉までの交通事情は?

休日に鎌倉へドライブ!でも鎌倉までの交通事情は?

お天気に恵まれた休日や、観光ハイシーズンの時期、鎌倉の海沿い(R134)をドライブするのもいいですよね。でも鎌倉に行くまでに高速道路を利用するとしたら、渋滞とかってあるの?ここでは車で鎌倉へアクセスする場合の交通事情についてをご紹介します。

お天気の良い休日、まとまった連休のある時期、鎌倉の交通事情、アクセスはどうなっているんだろう?そんな質問をインターネットのFAQサイトでもよく見かけます。確かにゴールデンウィークや気候の良い時期には、鎌倉の街もたくさんの観光客の方で賑わっていますので、車でアクセスする場合の交通事情も心配になりますよね。


車で、高速道路を使って鎌倉へアクセスする場合は?


東京方面から高速道路で鎌倉へアクセスする場合、最寄りのインターチェンジは横浜横須賀道路の「朝比奈インターチェンジ」になります。この場合、朝比奈インターチェンジまでは比較的スムーズに行けるケースが多いのですが、インターチェンジを降りてから鎌倉のメインエリア(鎌倉駅~鶴岡八幡宮周辺)へアクセスするまでに渋滞するケースが多くあります。


通常渋滞していなければ10分~15分以内程度で鎌倉のメインエリアへアクセスできますが、観光ハイシーズンや連休の重なる時期の場合、鎌倉の街中を目指す観光客の方々の車が連なり、30分~45分程度かかってしまうこともあります。(ひどい場合は1時間。渋滞によるのですが。。)


渋滞する原因としては、朝比奈インターチェンジを降りてから、鎌倉メインエリアまで基本的には一本道、しかも片側1車線しかないというのもあると思います。インターチェンジのある朝比奈峠から山を下るように鎌倉メインエリアにアクセスするのですが、古くからある街道、住宅街を抜けていく道路になるためあらかじめ車が多く通行する事を考慮した道にはなっていないようです。


高速道路で鎌倉へ、他に迂回できる道はないの?


基本的には朝比奈インターチェンジで降りるのが最も良いのですが、明らかに鎌倉へ続く道が渋滞していそうという場合には、朝比奈インターチェンジの1つ先となる「逗子インターチェンジ」を目指して、逗子経由で鎌倉メインエリアにアクセスする方法があります。


逗子は鎌倉のお隣りの市ですし、鎌倉への距離感も比較的近いです。そのため逗子インターチェンジで降りてから「県道311号鎌倉葉山線」を利用して「名越」から鎌倉へ入る方法もあります。また湘南の海沿いのドライブをついでに楽しみたいという場合には国道134号線を走り、材木座海岸から鎌倉のメインエリアにアクセスする事もできます。


高速道路で鎌倉にアクセスせず、一般道を利用する場合はどうなの?


東京方面から一般道を使って鎌倉へとアクセスする場合、通常「大船(おおふな)」を経由して北鎌倉、そして鎌倉のメインエリアへとアクセスする事になります。こちらの道路も基本的には片側1車線のみとなっている、また周辺市民の生活道路にもなっているため、やはり渋滞が発生しやすくなっています。


特に北鎌倉から鶴岡八幡宮、鎌倉駅へと続く道は迂回できる道もほぼないため、渋滞している場合には少しずつ進むしかないかもしれません。そもそも昔、鎌倉幕府がいざという時に備えて、鎌倉へ入る事ができるルートを意図的に狭くしていたりしたこともあって、鎌倉への車でのアクセスはちょっと不便なのかもしれませんね。。


でもでも鎌倉に着いてしまえば疲れも吹き飛ぶくらい、気持ちの良い「海の景色」「山の景色」、そして「自然に調和する美しい寺院」が皆さんを迎えてくれます。鎌倉は本当にイイところなのですよ。


東京から高速道路で「朝比奈IC」を経由するアクセス・地図



大きな地図で見る

 

口コミ評判投稿数ランキング