谷戸の緑と穏やかな風。時の流れがスローになる場所「妙本寺」 | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  寺社めぐり  > 谷戸の緑と穏やかな風。時の流れがスローになる場所「妙本寺」

谷戸の緑と穏やかな風。時の流れがスローになる場所「妙本寺」

鎌倉幕府の有力御家人、比企一族の邸宅跡に建つと言われる妙本寺。比企の乱で滅亡した一族の菩提を弔うために1260年に創建されました。深い緑に囲まれた山門への道をゆっくりと歩ければ訪れた旅人の心はきっと癒されます。


かつての有力御家人の邸宅跡は、優しいそよ風の吹く癒しスポットへ


鎌倉駅から徒歩10分程度、大町(おおまち)という場所の谷戸に位置する「妙本寺(みょうほんじ)」。かつて鎌倉時代には有力御家人であった比企能員の邸宅がこのあたりにあったと言われています。現在でもこのあたりの地名は「比企谷(ひきがやつ)」と呼ばれ、比企一族の繁栄の名残が地名からも伺えます。境内には鎌倉最大級の木造建築である「祖師堂」や比企一族のお墓などを目にする事ができます。


妙本寺(みょうほんじ)、祖師堂の<br />
木造建築は素敵です


祖師堂で腰掛けてほっと一息。そよ風と木々の優しく揺れる音。まさにスローな時の流れはここにある


鎌倉幕府の有力御家人であった比企能員と一族は、幕府内の権力抗争に敗れ、不運な最期を遂げてしまいます。妙本寺は比企の乱とも呼ばる内乱を経て、一族の菩提を弔うために1260年に創建されたとも言われます。そんな歴史の面影が残るこの場所、山門をくぐり祖師堂で腰を下ろしてみると、谷戸の美しい緑、木々たちが優しく揺れる音、心地良いそよ風があなたを迎えてくれます。古(いにしえ)の悲劇がまるでなかったかのように、静か、そして穏やかな時の流れがここにはあります。「あっ、鎌倉でのスローライフってこういうことか」、ここに座っているとふとそう思えると思います。


妙本寺の山門へ


このまま静かで、何もない場所であってほしい。そう思える貴重な場所


妙本寺には敢えて言うならば、特別大きな見所がある訳ではないと思います。けれどもふとした時に散歩をしたくなる場所であり、鎌倉駅からほど近い環境の中で深い緑と優しい風が感じられる場所。ここには有名観光スポットにはない、また別の奥深い魅力があります。このまま静かで何もない場所であってほしい。地元の人にとってもそう願いたいであろう貴重な場所だと思います。


朱塗りの山門に鮮やかな龍


■アクセス:JR、江ノ島電鉄「鎌倉」駅下車、東口から徒歩約10分
■拝観時間:9:00-17:00
■拝観料金:無料
■所在地:神奈川県鎌倉市大町1-15-1
■電話番号:0467-22-0777


JR横須賀線「鎌倉駅」から「妙本寺」へのアクセス・地図



大きな地図で見る


 

合わせて読みたい関連記事

口コミ評判投稿数ランキング