大佛茶廊(おさらぎさろう:旧 大佛次郎邸宅跡) | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  街と旧跡めぐり  > 大佛茶廊(おさらぎさろう:旧 大佛次郎邸宅跡)

大佛茶廊(おさらぎさろう:旧 大佛次郎邸宅跡)

「鞍馬天狗」「天皇の世紀」「赤穂浪士」「大仏炎上」などの作品で知られる作家、大佛次郎(おさらぎじろう)の邸宅跡。鎌倉をこよなく愛した作家で、鎌倉の景観保護に尽力した方でもあります。大正8年に建てられた茅葺き屋根のこの邸宅は、家具・インテリアを手がける「IDEE」さんの協力で修復されたそう。

「鞍馬天狗」「天皇の世紀」「赤穂浪士」「大仏炎上」などの作品で知られる作家、大佛次郎(おさらぎじろう)の邸宅跡。鎌倉の地をこよなく愛した作家であり、鎌倉の景観保護に尽力した方でもあります。大正8年に建てられた茅葺き屋根のこの邸宅は、家具・インテリアを手がける「IDEE」さんの協力で修復されたそうで、現在は茶廊(喫茶)として週末の土曜日、日曜日に限って営業しています。若宮大路の路地裏に隠れ家的に佇む古民家であり喫茶処。庭の風景、植物の様子を楽しみながら、抹茶と和菓子を頂けば、今日は鎌倉に来てるんだな~ってほっと一息、実感できると思いますよ。


■アクセス:JR、江ノ島電鉄「鎌倉」駅下車、東口から徒歩約10分
■見学時間:日中(週末の土曜日、日曜日などの休日のみ)
■見学料金:邸宅内は喫茶処となっています
■電話番号:0467-22-8175
■所在地:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-11-22


JR横須賀線「鎌倉駅」から「大佛茶廊:旧 大佛次郎邸宅跡)」へのアクセス・地図



大きな地図で見る

 

口コミ評判投稿数ランキング