鎌倉の街と相模湾を一望!天園ハイキングコースを歩く(2) | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  鎌倉の景観めぐり  > 鎌倉の街と相模湾を一望!天園ハイキングコースを歩く(2)

鎌倉の街と相模湾を一望!天園ハイキングコースを歩く(2)

鎌倉の街と相模湾を一望する事ができる「天園ハイキングコース」。今回は瑞泉寺の裏側を巡るルートから、天園の見晴台(六国峠)を目指していよいよ山中を歩いて行きます。ゴールには峠の茶屋があってゆっくりできますよ。


天園ハイキングコースの山道がいよいよ始まります


天園ハイキングコースの入口を進むと、別世界のような山道へ


瑞泉寺から天園ハイキングコースの入口を進み、細い階段を登り終えて前へと進むとすぐに景色は山道へと変わっていきます。まずは10~15分程度ゆるやかに山道を登って歩いていきます。途中、あちこちに大きな木の根っこや石などが出てきますので、まずは身体を慣らすためにもゆっくりと歩いていきましょう。


石畳のような山道も


分かれ道。天園の見晴台(六国峠)は建長寺方面へと進んでいきます


山道を進むと以下のように道が2つに分かれています。建長寺方面と明王院(みょうおういん)方面に分かれていますが、天園の見晴台(六国峠)に行くためには建長寺方面へと進んでください。


建長寺方面、明王院(みょうおういん)方面への分かれ道


山道を進むと「貝吹地蔵(かいぶきじぞう)」に出会います。これは鎌倉幕府が滅亡する際、新田義貞の軍勢に追い詰められた執権・北条家の家臣が、主君である北条高時の首を埋葬する場所を探していた時に、地蔵菩薩が現れ、ホラ貝を吹いて家臣たちを導いてくれたという言い伝えが残っており、その時の御礼として建てられた地蔵だと言われています。


貝吹地蔵(かいぶきじぞう)


日射しが明るい、気持ちの良い山道へ


更に山道を進むと少しずつ明るい山林の道が開けてきます。ここまで来れば天園の見晴台(六国峠)ももう少し。天園ハイキングコースの入口から、約45分~1時間程度で見晴台へと辿りつく事ができます。


天園の見晴台へ到着!鎌倉の街と相模湾を一望できる景色が広がる


ようやく天園の見晴台へ到着!視界は一気に開けて、鎌倉の北部から鎌倉の街を一望、遠くには相模湾も広がります。天気が良く、雲の少ない日であれば富士山も見えるのだとか。(この日は富士山までは見えなくて少し残念ですが。。)でも、写真で見るよりも実物はとても素晴らしい景色です!


天園の見晴台(六国峠)


「峠の茶屋」で、鎌倉の景色を一望しながらゆっくりと休憩


天園の見晴台の側には下記のような「峠の茶屋」があります。山小屋?のような建物ですが、自動販売機とベンチも用意されていてゆっくりと休憩する事もできます。峠の茶屋ではお腹がすいたハイカーの方向けに食事も提供してくれています。


見晴台の側にある「峠の茶屋」


天園の見晴台(六国峠)


ここまで歩いて来ると、すっかり登山気分で山歩きも随分と楽しく感じられると思います。山の空気、香りを感じながら、見下ろす鎌倉の景色は最高ですよ。


鎌倉の街と相模湾を一望!天園ハイキングコースを歩く(1)へと戻る


 

口コミ評判投稿数ランキング