「鶴岡八幡宮ぼんぼり祭」で著名人たちのクリエイティビティに触れる | 鎌倉の奥深い魅力を伝える大人のためのローカルメディア

鎌倉通 鎌倉観光案内  >  季節の行事めぐり  > 「鶴岡八幡宮ぼんぼり祭」で著名人たちのクリエイティビティに触れる

「鶴岡八幡宮ぼんぼり祭」で著名人たちのクリエイティビティに触れる

1938年から行われている鶴岡八幡宮の夏の風物詩とも言える祭礼です。夜の鎌倉、段葛から鶴岡八幡宮の本殿に至るまで、柔らかで幻想的な灯りの道が広がります。鎌倉にゆかりのある著名人、地元市民による書画の記された約400のぼんぼりが立ち並び、道行く人の目を楽しませてくれます。


鎌倉、鶴岡八幡宮の夏の風物詩とも言える祭礼「ぼんぼり祭り」


「ぼんぼり祭」は1938年から行われている鶴岡八幡宮の夏の風物詩とも言える祭礼です。夜の鎌倉、若宮大路沿いの段葛から鶴岡八幡宮の本殿に至るまで、柔らかで幻想的な灯りの道が広がります。


鎌倉の夏の風物詩、鶴岡八幡宮で行われる「ぼんぼり祭り」


鎌倉にゆかりのある、鎌倉を愛する著名人たちの直筆の書画が楽しめる貴重な祭礼


鎌倉にゆかりのある、鎌倉を愛する著名人の皆さん、そして地元鎌倉の皆さんの手で描かれた書画が約400もぼんぼりとして立ち並び、訪れた観光客、地元市民の目を楽しませてくれます。夏の夜の鶴岡八幡宮の風情を感じながら、今も息づく鎌倉の歴史、そしてクリエイティブな人々の生き方やセンスを感じる事ができるイベントの1つなのです。大切な人や家族と一緒に、時には浴衣を着て見に行くのもお薦め。鎌倉を愛する大人たちの温かく、時には過激、そしてしっとりとした大人の書画を楽しんでみてください。


鶴岡八幡宮、ぼんぼり祭りのユニークなぼんぼりたち


境内には著名人から地元市民の手によるものまで、毎年ユニークなぼんぼりが並びます


エヴァンゲリオンでお馴染みの庵野秀明先生のぼんぼり


「エヴァンゲリオン」でお馴染みの庵野秀明先生のぼんぼり


「親の祈り」と題されたどこかのお母さんの素敵なぼんぼり


「親の祈り」と題されたどこかのお母さんの素敵なぼんぼり


本殿前にある石原慎太郎さんのぼんぼり。さすが、ブレませんね。。汗


本殿前にある石原慎太郎さんのぼんぼり。さすが、ブレませんね。。汗


鎌倉在住の芥川賞作家、藤沢周先生のぼんぼり


鎌倉在住の芥川賞作家、藤沢周先生のぼんぼり


同じく作家の伊集院静先生のぼんぼり


同じく作家の伊集院静先生のぼんぼり


■アクセス:JR横須賀線、江ノ島電鉄「鎌倉」駅下車、東口から徒歩約15分
■開催時期:2012年8月6日(月)~9日(木)
■鑑賞料金:無料 <公式サイト情報
■所在地:神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1番31号


JR横須賀線「鎌倉駅」から「鶴岡八幡宮」へのアクセス・地図



大きな地図で見る


 

合わせて読みたい関連記事

口コミ評判投稿数ランキング